2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

読書メーター

  • noteverの最近読んだ本

« どんどん物が壊れていく・・・ | トップページ | ブルー・マンデー »

2008年10月19日 (日)

かかりましたアホが

稟「・・・・・・・・・」

蓮「あ、お帰りなさい。
  D-0のグランプリはどうでしたか?」

稟「・・・・・・・・・(フラフラ」

蓮「???」

龍「・・・まぁとりあえずレポートを聞いてください」

 
 
 

D-0:

龍「ちなみに使用デッキは
  トップメタの
  赤緑ラッパを意識した(ここ重要)
  黒単クライングビートでした。
  それではどうぞ・・・」

 

1回戦:赤白ドラゴンコン ○○

龍「1戦目は序盤、こちらは呼声等軽量ユニットを3体展開
  それに対し相手はバーニングアイドラゴン等で
  火力ドラゴンで焼ききろうとしてくる。
  なんとか石化等で致命的ダメージを避けながら
  相手の除去&スマッシュロックを
  超える勢いでビート、そのまま押切勝ち。
  2回戦はサイドから引っ張ってきたソーンズが
  相手の手札を削りきった後に
  2体のヘルが無双を続け気が付けば6点。
  そのまま残ったヘルが1点を入れ終了でした」

蓮「・・・まぁコントロール相手とは言え
  普通に調子良いように見えますね」

龍「いや、問題はここからなんですよ・・・」

蓮「?」

 

2回戦:青黒流氷  ×-

蓮「・・・あちゃー。
  こりゃ相性が悪い・・・」

龍「天敵ですから。
  1戦目はこちらの呼び声や中型が並ばないのをいい事に
  プランからボコボコと出てくるセンチでビートされる。
  その後も出しては除去orバウンスの嵐
  なんとか足掻こうとするものの、最終的には
  自プランから出たグラッジに『死ね』と言わんばかりに
  プランをとめられそのまま手詰まりでした。
  2戦目も序盤はまたもプランとドローの引きがかみ合わず
  今度はこっちの暴走orプラングラッジの嵐
  とりあえず出たヘルでちまちまと動くものの
  後半にプランから出てくるのは前半に引けなかった
  小型ユニットばかりでまたしても決定打にならず。
  結局両者とも出す→除去の繰り返しで反面が進まず
  時間切れで引き分けでした」

 
 

3回戦:赤緑ゲルボ ×○

龍「そして3回戦に当たったゲルボ戦。
  2ターン目からいきなり剣歯童子でするべきだった行動を
  間違え、そのまま除去するはずだったはずの敵ユニットを
  放置してしまうことになる痛恨のプレイミス
  その後もそんなグダグダ状態のまま
  肝心なところで合成を許すわ
  こちらの主力はシャワー等で軽くひねられるわ
  酷い惨状に。最終的には除去頼りの戦法になるものの
  エネがなくなった隙を突かれニトロを加えた
  7点1KILLダメージで引導を渡される。
  2戦目も中盤に合成を許すものの
  今度はそこそこデッキ&頭の回転が回り
  なんとかデッキ切れ寸前まで相手の猛攻を耐え凌ぐ。
  最終的にはエキストラターン内で冥界門から出てきた
  メローカードが敵軍まで突っ込み2点ダメージを与えて
  1-1まで持ち込みました」

蓮「・・・えーっと。
  ここまでのデッキは
  ・赤白ドラゴン
  ・青黒流氷
  ・赤緑ゲルボ
  ですよね。・・・何か忘れてるような・・・」

 
 

4回戦:赤緑コロボ ××

蓮「2戦続いての対種族デッキ戦ですか・・・」

龍「青でも混ぜておけばよかったと後悔しました。
  1戦目は初手にやっとグラッジを引き序盤は
  出てくる小型を一掃、その間展開を続け
  ひとまずユニットを並べるもヘル、クライング等の
  主力ユニットが見えず決定打には欠ける状態に。
  その後相手プランから出てきたトルマリンや
  除去に対応で合成されたムーンストーンで
  盤面を一気に塗り替えられることに。
  そのうえ小妖精の花園の上に勇者まで出され
  実質動きを封殺され、そのまま展開で押し切られ負け。
  2戦目も一応グラッジは引くものの投げられたシュシュと早々に
  相打ちにされ、すぐに相手有利の状況に。
  気が付けば先ほどと同様小妖精の花園の上に
  勇者を置かれたと思えば、さらにその後ろにも
  勇者を・・・。もう無理ゲーとしか
  言いようがありませんでした」

蓮「少しでもコントロール要素を持つデッキ相手だと
  簡単に勢いを止められてしまいますからね。
  ・・・ん?コントロール・・・?」

 
 

5戦目:赤青タッチ黒緑火力連鎖コン ××

龍「苦手デッキその2。
  1戦目は相手側がすごいブン回り
  次々とプランから欲連やバドソ、プランジャーを
  最良のタイミングで引き当て
  こちらのユニットはドラゴンの洞窟で完全封鎖
  相手の気持ち悪いほどの手札枚数と除去カードで
  全く手も足も出せず、最終的にはプランジャー2体と
  粉雪2体がぞろぞろとこちらのラインまで攻め込み
  そのままスマッシュされ負け。
  2戦目も先ほどではないものの
  プランジャーと欲連を上手く引き当てられ
  なかなか展開できない。一応吸血童子や
  ヘルがちまちまと点を重ねてくれるものの
  ステルス&エックスデイ2体の応酬には
  耐えられるはずも無く、次々と主力を焼ききられたのち
  生き残った相手側のエックスデイと手札からのプランジャーで
  5点スマッシュを決められ終了でした」

 
 

蓮「・・・あー、もしかしてこれ・・・」

龍「そうです。
  メインメタ(なはず)
  一時期は今の環境これ一色ともいわれ
  今回対策を錬りに練っていた
  ラッパビートと全く当たってないんです。
  それどころか5人中3人はコントロール
  同じく5人中3人にエックスデイを投下されるという
  『黒単なんか使ってられねぇよ!
  的な相手ばかりという悲惨な状況。
  会場内を見てもラッパを使ってる人は
  ほとんどいませんでしたし」

蓮「ラッパ環境って言ったのは
  どこのどなたなのでしょうか・・・?」

龍「メタを完全に読み違えている上に
  最近触ってなかったせいかプレイングも
  全く安定してませんでしたし
  正直未熟としか言いようが無い結果でした。
  ・・・今思えば変な意地を張らず
  赤緑ビートを使うよう
  稟に言い聞かすべきでしたね」

稟「・・・もういいわよ

龍「?」

稟「も う 分 か っ た わ よ !!
  次からはホントにガチデッキでやってやるわよ!!
  アタシはプライドを捨てるぞ!
  ジョ○ョーーーッ!!

龍「ま、プライド捨てところで
  あなた程度の腕じゃたかが知れてますけどね

蓮「そのガチデッキを回す相手もいませんしね

稟「WRYYYYYYYY!!!」(←泣いてる)

« どんどん物が壊れていく・・・ | トップページ | ブルー・マンデー »

D-0 レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400562/24611627

この記事へのトラックバック一覧です: かかりましたアホが:

« どんどん物が壊れていく・・・ | トップページ | ブルー・マンデー »

フォト

twitter

無料ブログはココログ

ゲームメーター

  • not_everの最近やったゲーム