2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

読書メーター

  • noteverの最近読んだ本

« ・・・いや、だって普通に『味が好きだから』なんて言っても面白くもなんとも無いだろ? | トップページ | 嬉しいんだか嬉しくないんだかよく分からない偶然の一致 »

2010年10月 1日 (金)

ところで『祝う』と『呪う』って似てるよね

龍「さて、稟。
  今日から10月ですね♪

稟「そーねー」

龍「大学の夏休みも終わりですね

稟「・・・そーねー」

龍「そう言えばあなた
  今日が誕生日じゃ
  ありませんでしたっけ?

稟「・・・そーねー・・・・・・
  どれもすっかり忘れてたわー・・・」

龍「・・・まぁ、一応は祝っておきますよ。
  と同時に、今日からちゃんと頑張るように
  喝も入れますけど」

稟「素直に誕生日を『祝う』べきなのか
  休みが終わってしまうことを呪うべきなのか・・・
  どうするアイフル・・・」

 
 

ヴァイス デッキレシピ:

【デッキタイトル】赤タッチ緑黄 “いつも”の相打ち
【フォーマット】スタンダード:白黒混合
【構成】
■レベル0 キャラ19枚
《黄色 キャラ》
3 蛍塚 音子

《緑色 キャラ》
3 素材のこだわり 椎菜

《赤色 キャラ》
4 彩珠 ななこ
4 二木 佳奈多
3 両手いっぱいの花束ハルヒ
2 温泉のハルヒ

 

■レベル1 キャラ7枚 イベント3枚 計10
《赤色 キャラ》
4 “いつも”のハルヒ
3 紅の鉄騎 ヴィータ

《赤色 イベント》
3 偵察

 

■レベル2 キャラ6枚 イベント3枚 計9
《赤色 キャラ》
1 “ビューティー男爵”中ボス
2 “捜査官”葉留佳
3 鉄槌の騎士ヴィータ

《赤色 イベント》
3 色褪せた世界×3枚

 

■レベル3 キャラ4枚
《赤色 キャラ》
4 トラブルガール ハルヒ

 

■クライマックス 8枚
《赤色》
4 ぶち抜けー!
4 サムデイ イン ザ レイン


 
 

稟「・・・我ながらアホなデッキ作ったと思う。
  赤タッチ黄緑“いつも”の相打ちデッキよ」

蓮「言わずと知れた最強アド取り兵器『“いつも”のハルヒ』が
  相手をリバースさせさえすれば効果を発動することを
  利用した超絶相打ちデッキ。
  デッキの回し方としてはLV.0では特に強力なキャラも
  居ないためなるべく短い時間で済ませます。
  ここのLV帯をどれだけ早く済ませられるかが
  このデッキの肝と言っても過言ではありません。
  そしてLV.1から『“いつも”のハルヒ』が出せるように
  なってからがこのデッキのフル稼働開始。
  LV.1では主に+1500の恩恵を得られる『温泉ハルヒ』や
  同LVキャラの相打ち効果を付加させる『偵察』を使って
  相手のパワーが高かろうが低かろうが問答無用で
  『いつもの』効果を発動させにかかります。
  そしてLV.2帯では先程の2枚に加え
  『蛍塚音子』や『椎菜』の効果でレベルを+1
  『紅の鉄騎ヴィータ』の効果で相手のレベルを-1しながら
  『ななこ』や『佳奈多』のアラーム効果により、LV2キャラや
  LV.3キャラ相手でも問答無用で相打ち取り。
  その際自身は『色褪せた』等でちゃっかり控え室回収をし
  そして最後の締めは・・・『トラブル』です、ごめんなさい。
  ・・・と言った感じです。どんなレベルのキャラ相手だろうが
  『いつもの』が相打ちを取りに来てひたすら場アドを稼ぐという
  ・・・正直言うとかなりウザイ部類に入るデッキです」

稟「いやなにせ『音子』さんさえ後ろで並んでれば
  LV0キャラでもLV.1~2キャラで相打ち取れるって言う
  パワー?なにそれ美味しいの?的な謎デッキですから。
  最近のパワー環境にいい加減
  ムシャクシャして作った。後悔はしてない。
  ・・・でも、ぶっちゃけテスターで回してたら
  動き方とかその他もろもろがすげぇ気に入った。
  多分作れたらメインデッキ入りかなこれ♪」

蓮「・・・嫌われても知りませんよ、僕は・・・」

« ・・・いや、だって普通に『味が好きだから』なんて言っても面白くもなんとも無いだろ? | トップページ | 嬉しいんだか嬉しくないんだかよく分からない偶然の一致 »

ヴァイスシュヴァルツ」カテゴリの記事

コメント

小川のコントロールにウンザリしてたと思ったらそれが無くなったらパワー環境にウンザリときた。

予想通りでフイタww

とりあえずトラブル厨乙

稟「いや、そこまではウンザリしてないんだけどね。
  ただテスト用に上位ランクのネオスタンのデッキ色々作ってたら
  ハルヒを除くほぼ全てのデッキがパワーデッキになっちゃったから
  ちょっとイラッと来ちゃっただけで・・・
  (こまりんとかジュネスとかアイマスとかetc...)」

龍「まぁ、基本的に除去EVが軽視されている
  TCGですから、パワーアド=場アドに繋がるので
  小川のような超アド取り兵器が消えればそうなるのは
  眼に見えてましたけどね。
  ・・・あと、トラブルに関しては大変申し訳ありません。
  赤軸で単体のLV.3でこれだけストック対費用のバランスが良くて
  かつこのデッキに噛み合うカードは
  これしかなかったんです。
  お目汚しすみませんでした・・・」

稟「いや、一応はLV.3信玄とかもいた事は
  いたんだけどさ。・・・アイツ点入れるのに
  2コストもかかっちゃうのよねぇ。
  いや、トラブルが厨スペックすぎるだけなんだけどさ・・・」

>キリカさん

最近は確かにパワー環境なので相討ち系のデッキを提案していること自体は悪いことじゃないと思います。

…まぁ、トラブルはシナジーもなにもない構成だったのでイラッとしたのでしょう。

私の周りでもトラブル使ってる人は居ますが、ちゃんと《本》シナジーで組み込んでましたしね。

相討ちという趣旨より目立っていたというのは分かりますが、もう少し丁寧に書きましょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400562/37017851

この記事へのトラックバック一覧です: ところで『祝う』と『呪う』って似てるよね:

« ・・・いや、だって普通に『味が好きだから』なんて言っても面白くもなんとも無いだろ? | トップページ | 嬉しいんだか嬉しくないんだかよく分からない偶然の一致 »

フォト

twitter

無料ブログはココログ

ゲームメーター

  • not_everの最近やったゲーム